アユを守れ 外来魚釣って退治 26日天竜川で大会

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 天竜川に生息するブラックバスの駆除を目的とした釣り大会が26日、南箕輪村北殿の「天竜橋」から辰野町にかけて開かれる。今月上旬から稚アユ35万匹の放流が始まっており、釣りを楽しみながら外来魚を退治する。

 天竜川漁業協同組合(伊那市)によると、具体的なデータはないものの、天竜川では在来魚が外来魚に捕食されるケースが目立ってきているという。ブラックバスは生態系に被害をおよぼすとされる。一方、バス釣りを楽しむ人もいることから、同漁協は釣り大会を開催している。

 当日は午前7時から午後3時までに釣った外来魚の総重量が最も重かった人に賞金2万円を贈る。総匹数、最大全長など記録に応じ賞金や賞品もある。釣った外来魚は県水産試験場に回され、食性などのデータとして蓄積する。

 参加費は高校生以上一般1100円、中学生300円、小学生以下無料。釣り具、エサは各自で用意。投網は厳禁。問い合わせは同漁協(0265・72・2445)。

無断転載禁止
581539 0 ニュース 2019/05/14 05:00:00 2019/05/14 05:00:00 2019/05/14 05:00:00

おすすめ記事

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ