長野市施策立案求む民間幹部 戦略マネージャー 副業・兼業前提に

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 長野市は23日、課題解決に向けた施策の立案や実施などに携わる「戦略マネージャー」を募集すると発表した。民間企業などの現役幹部を想定しており、副業・兼業を前提に有能な人材の確保を目指す。

 人口減社会を迎え、「既存の考え方にとらわれない攻めの行政が必要」と採用を決めた。商工、観光、農林分野などにおいて、民間で培ったノウハウを生かしながら戦略的な事業を企画立案する。週1日の勤務で、企業に在籍したまま市の業務にも携わる形態とする。

 採用は3人程度。来月19日までインターネットなどで応募を受け付け、今年10月から就業する。報酬は1日2万5000円。

 加藤久雄市長は「私にはない発想がある人に来てほしい」と期待をこめた。

無断転載禁止
600021 0 ニュース 2019/05/24 05:00:00 2019/05/24 05:00:00 2019/05/24 05:00:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み_東京2020オリンピックパラリンピックキャンペーン

アクセスランキング

 


東京オリンピックパラリンピックオフィシャル新聞パートナー

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ