還暦過ぎてもフィーバー 長野でイベント

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 長野市で60歳以上を対象にした初のディスコイベント「ダンシングナイトin芸術館」があり、市民が往年の名曲に合わせてダンスを楽しんだ=写真、三浦正基撮影=。

 介護予防などを目的に企画され、6月からダンス練習会も開いてきた。市芸術館には5日夜、87歳を最高齢に215人が集合。日本DJ協会代表理事のDJドラゴンさんが「ザッツ・ザ・ウェイ」(1975年)や「ジンギスカン」(79年)などを流すと、会場からは歓声が上がった。

 大学時代に東京のディスコに通っていたという男性(78)は「若い頃を思い出して気分がワクワクする」と息を弾ませた。映画「サタデー・ナイト・フィーバー」のジョン・トラボルタと同じ白いスーツ姿で参加した加藤久雄市長(76)は「今後も企画し、高齢者が元気な長野を目指したい」と満足そうだった。

無断転載禁止
834029 0 ニュース 2019/10/08 05:00:00 2019/10/08 05:00:00 2019/10/08 05:00:00 往年のヒット曲に乗ってステップを踏む高齢者(10月5日午後6時21分、長野市芸術館で)=三浦正基撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/10/20191007-OYTNI50024-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ