住みます芸人2代目就任 大阪出身 ゆでたかのさん

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

県内活性化の活動に取り組むゆでたかのさん(右から2人目)(20日、県庁で)
県内活性化の活動に取り組むゆでたかのさん(右から2人目)(20日、県庁で)

 吉本興業の芸人が各都道府県に移住して地域を盛り上げる企画「あなたの街に“住みます”プロジェクト」で、2代目の長野県担当にゆでたかのさん(29)が就任した。2011年に就任した初代担当のお笑いコンビ「こてつ」とともに活動する。

 大阪市出身のゆでたかのさんは、2012年4月に活動を始めて芸歴8年目。昨年11月から長野市に住んでいる。イベント参加や「ユーチューブ」を通して信州の魅力を発信するほか、塾講師の経験を生かして学習支援室を開き、主に小中学生を指導する予定という。

 県庁で20日に記者会見したゆでたかのさんは「長野県は初めて旅行をした思い出の地。皆さんに少しでも笑顔を届けられるように頑張りたい」と語った。会見には、こてつの北村智さん(40)と河合武俊さん(43)、長野市出身のお笑い芸人、もう中学生さん(36)も駆けつけた。

無断転載禁止
1011954 0 ニュース 2020/01/22 05:00:00 2020/01/22 05:00:00 2020/01/22 05:00:00 今後、県内の活性化に取り組むゆでたかのさん(右から2人目)。記者会見には、お笑いコンビ「こてつ」の北村智さん(左)と河合武俊さん(同2人目)、もう中学生さん(右)が駆けつけた。(長野市で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/01/20200121-OYTNI50035-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み_東京2020オリンピックパラリンピックキャンペーン

アクセスランキング

 


東京オリンピックパラリンピックオフィシャル新聞パートナー

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ