26か所最も暖かい1月に 30観測地点中 平均気温最高を更新

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 1月の県内は平均気温が30観測所のうち26か所で観測史上最高だったことが3日、長野地方気象台のまとめでわかった。日本列島付近で北側に蛇行した偏西風の影響で北からの寒気が南下しにくいため、広く暖かい空気に覆われたという。

 同気象台によると、松本市は2・8度で過去最高だった1・8度(1988年)を1・0度上回った。諏訪市も2・1度とこれまで最高だった1・0度(89年)を1・1度更新。佐久市は1・6度で最も高かった1・0度(同)より0・6度、長野市は2・8度でこれまでの2・3度(同)より0・5度上昇した。

 寒気の影響が弱い状態は2~4月も続き、この先も平年より気温が高い日が多くなる見込みという。

無断転載禁止
1034958 0 ニュース 2020/02/04 05:00:00 2020/02/04 05:00:00 2020/02/04 05:00:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ