飯田ロケの映画地元公開 「いつくしみふかき」2館で

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 飯田・下伊那地域でオールロケを行った映画「いつくしみふかき」が14日、飯田市内の二つの映画館で封切られた。140席が満席となった「トキワ劇場」で行われた舞台あいさつで、大山晃一郎監督(34)は「ようやく上映できることになった。この飯田から全国へ(上映が)広がるよう応援してほしい」と呼びかけた。

 幼少期を飯田市南信濃地区で過ごした俳優遠山雄さん(35)が企画した自主制作映画。俳優渡辺いっけいさん(57)が演じる父と遠山さん演じる子の嫌われ者同士の父子の物語だ。

 市民がボランティアやエキストラとして協力し、2017年9~10月に飯田市内などで撮影された。チケット販売を含め、協力した市民や地元企業など300以上の氏名や社名がエンドロールに記された。

 市内のトキワ劇場のほか、センゲキシネマズでも5月頃まで上映。都内などでは4月以降の上映を予定している。

無断転載禁止
1055396 0 ニュース 2020/02/16 05:00:00 2020/02/16 05:00:00 2020/02/16 05:00:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ