一面の春、山笑う 長野

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

見頃を迎えた福寿草(18日、長野市七二会で)
見頃を迎えた福寿草(18日、長野市七二会で)

 長野市七二会の小坂地区で福寿草が見頃を迎えている。暖冬の影響で例年より1週間ほど早く開花しており、今週末には満開を迎えそうだ。

 地元住民でつくる「小坂福寿草群生地愛護会」の北島和彦さん(68)によると、70年前にはすでにこの地で咲いており、約3万株を住民が大切に守ってきた。

 昨年からは見頃に合わせて「まつり」を開催。今年は21日の予定で、北島さんは「一面に咲く福寿草を見に来てほしい」と話している。

 問い合わせは、七二会地区住民自治協議会(026・262・1203)。

無断転載禁止
1117796 0 ニュース 2020/03/20 05:00:00 2020/03/20 05:00:00 2020/03/20 05:00:00 見頃を迎えた群生する福寿草(3月18日午後2時1分、長野市七二会で)=三浦正基撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/03/20200319-OYTNI50020-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
10000円9000円
NEW
参考画像
クーポンご提示のお客様に粗品プレゼント
NEW
参考画像
4200円3780円
NEW
参考画像
1560円1300円

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ