独自大会組み合わせ決定 18日開幕 4地区でトーナメント

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

北信地区の組み合わせ抽選を行う部長(3日、長野市で)
北信地区の組み合わせ抽選を行う部長(3日、長野市で)

 新型コロナウイルスの影響で中止となった全国高校野球選手権の長野大会に代わる独自大会「2020年度夏季高等学校野球長野県大会」(18日開幕)の組み合わせ抽選会が3日、東北中南信の県内4地区で行われた。

 感染拡大防止のため、野球部の部長による代理抽選で行われた。昨夏甲子園に出場した北信地区の飯山高は19日、初戦で長野吉田高と下高井農林高の勝者と対戦する。

 加盟校の野球部員から募っていた大会のサブタイトルは、長野南高マネジャーの勝山桃晴ももはさん(3年)が提案した「思いを咲かせ この一瞬に」に決まった。

 大会は、4地区でそれぞれ二つのトーナメントに分かれて戦い、勝ち上がった計8チームでチャンピオンシップを開催する。春季大会が中止となったことから、各地区のシード4チームは昨年の秋季大会の上位チームが選ばれた。

 試合は無観客で行われ、保護者の観戦は長野オリンピックスタジアムでは各チーム50人、それ以外の球場では30人に限定して認める。順調に進めば、決勝は8月10日の予定。

無断転載・複製を禁じます
1318642 0 ニュース 2020/07/04 05:00:00 2020/07/04 05:00:00 2020/07/04 05:00:00 北信地区の組み合わせ抽選を行う各部の部長(左)(7月3日午後3時52分、長野市のホテル国際21で)=三浦正基撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/07/20200703-OYTNI50030-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
NEW
参考画像
600円300円
NEW
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス
NEW
参考画像
ご宿泊のお客様の夕食時に地酒(お銚子)またはソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ