読売新聞オンライン

メニュー

日本代表の合宿 長野で練習公開 パラ水泳

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

強化合宿を行う東京パラリンピック水泳日本代表選手ら(20日、長野市吉田で)
強化合宿を行う東京パラリンピック水泳日本代表選手ら(20日、長野市吉田で)

 8月24日に開幕する東京パラリンピック水泳に出場する日本代表選手の強化合宿が長野市のアクアウイングで始まり、20日、練習が報道陣に公開された。

 合宿には、2016年リオデジャネイロパラリンピックで銀2、銅2のメダルを獲得した木村敬一選手(30)ら男女25人が参加。最年少で代表入りした山田美幸選手(14)は「大会まで1か月となり不安もあるがワクワクしている」と話した。

 今回で6大会目となる成田真由美選手(50)は「長野には講演に来たこともあり思い出深い。アクアウイングでは試合のような冷たくいい水温で練習できている」と語った。

 合宿は22日まで。一部選手は東御市の高地トレーニング施設「GMOアスリーツパーク湯の丸」で調整を続けるという。

無断転載・複製を禁じます
2222829 0 ニュース 2021/07/21 05:00:00 2021/07/21 05:00:00 2021/07/21 05:00:00 アクアウイングで強化合宿を開始した東京パラリンピック競泳日本代表選手ら(7月20日午前9時18分、長野市吉田で)=三浦正基撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/07/20210720-OYTNI50038-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)