上高地線来月10日全線再開

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

全線再開に向けて復旧工事が進む上高地線の田川橋梁(20日、松本市で)
全線再開に向けて復旧工事が進む上高地線の田川橋梁(20日、松本市で)

 2021年8月の大雨の影響で鉄道橋が被災し、一部区間で運休が続くアルピコ交通(松本市)の上高地線は、6月10日に始発から全線で運行を再開する見通しとなった。

 上高地線は、西松本―渚駅間の田川に架かる鉄道橋「田川 橋梁きょうりょう 」の橋脚が傾き、橋桁にゆがみが生じた。松本―新島々駅間のうち、松本―渚駅間を運休。バスによる代行輸送を行うとともに復旧工事を進めている。

 田川橋梁は1920年(大正9年)の建設で、全長38・7メートル。今月11日には新しく設置した橋脚に、ゆがみを直した橋桁を取り付けており、再開前日の9日に安全性を確認するため、試運転を実施する予定だ。

 アルピコ交通によると、上高地線の輸送人員は新型コロナウイルスの感染拡大が始まる前の19年度は約175万人だったものの、20年度は120万人を割り込み、集計中の21年度も回復に至らない見込みだという。

 アルピコ交通鉄道事業部の担当者は「長期にわたってご迷惑をかけました。全線で再開することになりましたので、引き続き多くの人の応援をお願いします」としている。

スクラップは会員限定です

使い方
「地域」の最新記事一覧
3017218 0 ニュース 2022/05/21 05:00:00 2022/05/21 05:00:00 2022/05/21 05:00:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/05/20220520-OYTNI50048-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)