高ボッチ放牧始まる

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

牧場に放たれ、のんびり草を食べる牛たち(7日、塩尻市で)
牧場に放たれ、のんびり草を食べる牛たち(7日、塩尻市で)

 塩尻市郊外の高ボッチ高原の牧場(標高約1600メートル)で7日、今季の牛の放牧が始まった。同市と松本市の酪農家2軒からホルスタイン11頭がトラックで到着。さっそく広々とした牧場を歩き回り、草をはんでいた。

 牧場は塩尻市有地で約50ヘクタール。放牧は10月上旬まで行われ、多い時期には20頭ほどが過ごす。同市片丘の松沢英樹さん(37)が連れてきた5頭はいずれも妊娠中で、松沢さんは「涼しい高原でしっかり草を食べて、歩き回って足腰も強くして健康に過ごしてほしい」と話していた。

スクラップは会員限定です

使い方
「地域」の最新記事一覧
3064775 0 ニュース 2022/06/08 05:00:00 2022/06/08 05:00:00 2022/06/08 05:00:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/06/20220607-OYTNI50067-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)