対馬の真珠 全国最高賞 養殖業者代表ら県に報告

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 全国真珠品評会の最高賞となる農林水産大臣賞などに輝いた対馬市の養殖業者の代表ら3人が11日、県対馬振興局を訪れ、松尾誠司局長に受賞を報告した。

 同品評会の「浜揚げだま部門」で農林水産大臣賞を受賞したのは、同市豊玉町の「日高真珠」。同時に開催された「全国花珠真珠品評会」では、同市美津島町の「小田真珠」が同賞、同市豊玉町の日高和昭さん(33)が日本真珠振興会会長賞に選ばれた。

 全国真珠品評会は2月に三重県伊勢市で開かれた。冬場に浜揚げしたアコヤガイから任意で100個を選び、真珠の品質や商品化できる割合などで順位を決める「浜揚げ珠部門」には、全国の20業者が参加。浜揚げ珠の品質を競う花珠真珠品評会には9業者が出品した。

 同部門での農林水産大臣賞受賞が3回目となる日高真珠代表の日高政明さん(50)は「日本が誇れる真珠を対馬から発信していきたい」と力を込めた。小田真珠も3回目の同賞受賞で、代表の小田康人さん(37)は「安定した生産ができるように頑張っていく」と意欲を見せた。

 松尾局長は「対馬ブランドの確立に向け、我々も支援したい」と述べた。

無断転載禁止
532767 0 ニュース 2019/04/12 05:00:00 2019/04/12 05:00:00 2019/04/12 05:00:00

おすすめ記事

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ