ペンギンバス運行スタート 飼育60年記念

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 長崎市の長崎ペンギン水族館(旧長崎水族館)のペンギン飼育60年を記念して、県営バスは「ペンギンバス」の運行を始めた。9月末まで、市中心部と東長崎地区で運行する。

 同館は、1959年に初めてヒゲペンギンの飼育を始めた。現在は、キングペンギンやヒゲペンギンなど9種類を飼育している。

 ペンギンバスは、ペンギン飼育60年を盛り上げようと、県営バスが初めて企画した。車体には飼育するペンギンの写真をプリントしたほか、車内にもICカードリーダーやつり革の上などに約30体のぬいぐるみを飾り、路線バスをペンギン一色に彩った。

無断転載禁止
714480 0 ニュース 2019/07/30 05:00:00 2019/07/30 05:00:00 2019/07/30 05:00:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み_東京2020オリンピックパラリンピックキャンペーン

アクセスランキング

 


東京オリンピックパラリンピックオフィシャル新聞パートナー

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ