インフルエンザ県内流行期入り

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 県は20日、インフルエンザの流行期に入ったと発表した。例年は11~12月頃に流行開始となることが多く、記録が残る2010~11年シーズン以降で最も早い発表となった。

 県医療政策課によると、今月9~15日、患者数の報告を受けている70の医療機関で患者数が計182人に上った。1医療機関当たりの患者報告数が2・6となり、基準の1を大幅に上回った。保健所の管内別では、佐世保市の9・18が最多で、上五島4、県央3・1と続いた。同課は外出後の手洗いや十分な休養を呼びかけている。

無断転載禁止
805863 0 ニュース 2019/09/21 05:00:00 2019/09/21 05:00:00 2019/09/21 05:00:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

 


東京オリンピックパラリンピックオフィシャル新聞パートナー

ラグビーワールドカップ

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ