中国・成都市の文化体験催し 長崎大で

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 中国四川省・成都市の文化を体験するイベント「PANDA成都in長崎」が21日、長崎市の長崎大文教キャンパスで開かれた。

 成都市は中国西部に位置し、「パンダの古里」としても知られている。イベントは、2018年に日中平和友好条約締結から40年を迎えたことを記念し、同大と成都市が初めて企画した。

 同大学生や地元の子どもら約200人が参加。開会式では、成都市の代表団が舞踊や人形を使った「変面ショー」を披露した。体験コーナーも設けられ、参加者は留学生らに教わりながら、パンダの水墨画や切り紙を制作した。

無断転載禁止
808495 0 ニュース 2019/09/23 05:00:00 2019/09/23 05:00:00 2019/09/23 05:00:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

 


東京オリンピックパラリンピックオフィシャル新聞パートナー

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ