新県立図書館が開館 大村、初日からにぎわう

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

初日から多くの利用者が訪れた図書館
初日から多くの利用者が訪れた図書館

 大村市東本町の県立・市立一体型図書館「ミライon図書館」と市歴史資料館が5日、開館した。一般利用の開始前から3000人以上が行列を作るなど、初日から多くの人が訪れた。

 記念式典には関係者約150人が出席。中村知事は「末永く愛される図書館にしたい」と式辞を述べ、園田裕史市長は「移住、定住にもつながるよう、全国発信する」とあいさつした。

 その後、開館式で渡辺斉志館長が集まった人たちに「皆さんが図書館の主役。一緒に育てていきましょう」と呼びかけ、館内に迎え入れた。

 図書館はJR大村駅近くの6階建て。収蔵能力は約202万冊で、約125万冊でスタートした。図書館は平日が午前10時~午後8時、土、日曜と祝日は午前10時~午後6時。資料館は午前10時~午後6時。休館日は月曜と年末年始など。

無断転載禁止
831234 0 ニュース 2019/10/06 05:00:00 2019/10/06 05:00:00 2019/10/06 05:00:00 初日から多くの利用者が訪れた図書館 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/10/20191005-OYTNI50021-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

 


東京オリンピックパラリンピックオフィシャル新聞パートナー

ラグビーワールドカップ

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ