新大村駅安全を祈願 長崎新幹線

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 九州新幹線長崎(西九州)ルートの新大村駅(仮称)の駅舎の新築工事が12月から始まるのを前に、安全祈願が8日、大村市植松3の建設現場で行われ、関係者ら約60人が出席した。2021年10月の完成を予定している。

 工事を発注する鉄道・運輸機構九州新幹線建設局によると、延べ床面積約1900平方メートル。2階建てで、1階に改札、2階にホーム(160メートル)がある。工事費は約20億円。

 フル規格で整備が進む武雄温泉―長崎間では諫早駅と嬉野温泉駅(仮称)の両駅舎の工事が現地で始まっている。

無断転載禁止
835879 0 ニュース 2019/10/09 05:00:00 2019/10/09 05:00:00 2019/10/09 05:00:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

 


東京オリンピックパラリンピックオフィシャル新聞パートナー

ラグビーワールドカップ

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ