白ギツネ舞う「竹ン芸」 若宮稲荷神社

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 長崎市伊良林2の若宮稲荷神社で15日、秋空の下、高さ約10メートルの青竹のはしごに登り、男狐おぎつね女狐めぎつねが舞う「竹ン芸」が奉納された。

 200年以上の歴史がある「竹ン芸」は五穀豊穣ほうじょうと商売繁盛を願い、毎年10月14、15日に行われる秋の大祭で、国選択無形民俗文化財にもなっている。

 笛や太鼓の音が流れ、大勢の見物客から「よいしょ、よいしょ」の掛け声と手拍子が送られると、白装束にキツネのお面としっぽを付けた若者たちは、逆さになったり、竹を抱いて一気に滑り降りたりと、妙技を披露した。

無断転載禁止
846345 0 ニュース 2019/10/16 05:00:00 2019/10/16 05:00:00 2019/10/16 05:00:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

 


東京オリンピックパラリンピックオフィシャル新聞パートナー

ラグビーワールドカップ

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ