ターミナルビル始動 南島原の口之津港

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

供用を開始したターミナルビル
供用を開始したターミナルビル

 南島原市が同市口之津町に整備を進めていた市口之津港ターミナルビルが完成し、供用が始まった。旅客ターミナルや市口之津支所などの機能を持ち、住民や観光客らの新たな交流拠点として期待されている。

 ビルは鉄筋2階建てで、延べ床面積は約1970平方メートル。事業費は約8億7000万円。

 1階には、熊本県天草市とを結ぶフェリーを運航する島原鉄道のターミナルや南島原市口之津支所、バス待合所、売店、飲食店などが入る。2020年度内にイルカウォッチング船用の桟橋も整備され、2事業者が入居予定という。

 2階の市口之津歴史民俗資料館は、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて今月末までの休館が決まり、20日の落成式も中止となった。同日に視察した松本政博市長は、「口之津のにぎわい創出につなげたい」と話した。

無断転載禁止
1135666 0 ニュース 2020/03/30 05:00:00 2020/03/30 05:00:00 2020/03/30 05:00:00 供用を開始したターミナルビル https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/03/20200329-OYTNI50014-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
店内商品1,000円以上(税込)お買上げの方に、JERSEYオリジナルグッズをプレゼント。 ※先着50名様
参考画像
100円割引

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ