消毒アルコール 重家酒造が寄贈 壱岐市に100本

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

重家酒造が製造した「アルコール62」
重家酒造が製造した「アルコール62」

 壱岐市の重家酒造が、貯蔵していた麦焼酎を再蒸留した高濃度の消毒用アルコール(1本500ミリ・リットル入り)を製造し、市に100本を寄贈した。

 1924年創業の同社の麦焼酎は、壱岐産の大麦と米を使って製造している。新型コロナウイルスの感染拡大への懸念が続く中、少しでも島の役に立ちたいと、企画した。アルコール度数は62度で1本990円(税込み)。医療機関などへの販売を優先し、一般向けについては慎重に検討する。

 横山雄三社長は22日、「まずは学校や社会福祉施設、医療機関で活用してほしい」と述べ、白川博一市長に手渡した。白川市長は「非常にありがたい」と感謝した。

 問い合わせは重家酒造(0920・44・5002)へ。

無断転載禁止
1242255 0 ニュース 2020/05/27 05:00:00 2020/05/27 05:00:00 2020/05/27 05:00:00 重家酒造が製造した「アルコール62」 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/05/20200526-OYTNI50014-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

一緒に読もう新聞コンクール

新着クーポン

NEW
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
NEW
参考画像
600円300円
NEW
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス
NEW
参考画像
ご宿泊のお客様の夕食時に地酒(お銚子)またはソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ