ジャカランダ 温泉街を彩る 雲仙

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 雲仙市小浜町の小浜温泉街で「ジャカランダ」の花が湯けむりに彩りを添えている=写真=。

 小浜温泉観光協会などによると、ジャカランダは中南米原産のノウゼンカズラ科の落葉高木で、フジに似た紫色の花をつける。約50年前、エチオピアから種が旧同町長に贈られた。温泉地熱で暖かい気候と地元の熱意で、今では一帯に200~300本が植えられ、温泉街のシンボルとなっている。

 5月末から花を付け始め、見頃は今月末ごろまで。また木の周囲には「長崎ラベンダー」も開花し、温泉客らが紫色の花の共演を楽しんでいた。

無断転載・複製を禁じます
1278993 0 ニュース 2020/06/16 05:00:00 2020/06/16 05:00:00 2020/06/16 05:00:00 =P= https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/06/20200615-OYTNI50003-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ