オブジェで観光促進 佐世保の5か所に設置

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 佐世保市と佐世保観光コンベンション協会は、観光地の情報発信や周遊の促進を目的に、市内5か所にオブジェなどを設置した。各地を巡って写真か動画を投稿すると抽選で10人に9万9000円、計99万円を贈るキャンペーンも実施し、市内での観光を呼びかけている。

 5か所は、〈1〉商業施設させぼ五番街そばの港〈2〉佐世保新みなとターミナル〈3〉九十九島パールシーリゾート〈4〉九十九島動植物園森きらら〈5〉展海峰――。このうち〈1〉は亜鉛メッキ鋼板製のアルファベット「SASEBO」の箱文字といかりのオブジェで、〈4〉は木製の「ガリバーの椅子」を設置している。

 キャンペーンでは、5か所のほかにハウステンボス内の「ファンタジアストリート」と、市内の好きな場所の計7か所で写真か動画を撮影し、「#saseboom」など指定された四つのハッシュタグをつけて自身のインスタグラムに投稿する。期間は来年1月31日まで。

 問い合わせは同協会(0956・23・3369)へ。

無断転載・複製を禁じます
1633694 0 ニュース 2020/11/18 05:00:00 2020/11/18 05:00:00 2020/11/18 05:00:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ