読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

平和マラソン 長崎市、25年度開催検討

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 新型コロナウイルスの影響により、昨年11月の開催を1年程度延期するとしていた長崎市初のフルマラソン大会「長崎平和マラソン」について、同市は28日、被爆80年にあたる2025年度の開催を検討すると発表した。

 大会は、スポーツを通して平和の大切さを発信しようと、市などでつくる実行委員会が被爆75年事業として企画。爆心地近くの市営陸上競技場前を発着点に、長崎港沿いを走るコースを計画していた。しかし、市は昨年5月、感染拡大でランナーや大会関係者の安全が確保できないとして延期を発表していた。

 市によると、コロナ対策を実施した場合、フルマラソンの参加人数を1万人から約3000人に縮小し、計画していた平和関連のイベントなども中止する必要があった。

 実行委は、開催目的である平和発信が十分にできないと判断し、コロナが終息している可能性が高い被爆80年での開催を目指すことにしたという。

 田上富久市長は28日の定例記者会見で、「やむを得ない判断だ。市民やランナーにとって残念だが、25年度の開催を新たな目標として検討を進めたい」と話した。

無断転載・複製を禁じます
1803992 0 ニュース 2021/01/29 05:00:00 2021/01/29 05:00:00 2021/01/29 05:00:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)