読売新聞オンライン

メニュー

「対馬の盆踊」ユネスコ無形遺産候補追加

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 対馬市の郷土芸能「対馬の盆踊」について、国の文化審議会が国連教育・科学・文化機関(ユネスコ)に無形文化遺産として提案している「風流踊ふりゅうおどり」の候補に追加すると発表した12日、盆踊りを継承する4団体でつくる「対馬盆踊保存連合会」の永留安生会長(71)は「夢のようだ」と喜んだ。

 連合会は三根上里盆踊り保存会、吉田盆踊保存会、阿連盆踊り保存会、曲郷土芸能保存会で構成。いずれの団体も盆に各地の寺院などで先祖供養などとして奉納している。

 永留会長は「保存、継承に尽力してきた先輩や関係者の皆さんに感謝したい。今後は後継者育成に努力していく」と話し、対馬観光物産協会の江口栄会長(66)も「後世に伝承文化を残していくため、工夫や協力をしていきたい」と話した。

無断転載・複製を禁じます
1838731 0 ニュース 2021/02/13 05:00:00 2021/02/13 05:00:00 2021/02/13 05:00:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)