読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

命の限り美しい姿残す

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

「人との出会いの数だけ、作品がある」と語る保山さん(大和郡山市で)
「人との出会いの数だけ、作品がある」と語る保山さん(大和郡山市で)
保山さんが大和郡山市で撮影した作品「金魚池の夕焼け」の一場面
保山さんが大和郡山市で撮影した作品「金魚池の夕焼け」の一場面

 ◇がんと闘いながら奈良を撮る映像作家 保山 耕一さん 55

 毎朝、午前4時頃に起床し、空を見る。

 ある冬の朝は、無風で冷え込んでいた。前日は雨。「きっと出る」と確信して、奈良市の平城宮跡へと向かった。狙い通り、カメラのレンズ越しに、朝日に照らされた朝霧が広がった。

 撮影場所は、空を見た時に決める。「奈良には365の季節がある」

       ◎

 「日本一のテレビカメラマンになる」と野心でぎらぎらしていた。高校卒業後、フリーでカメラを回し始めた。スポーツ、音楽、ドキュメンタリーと、来た仕事は何でも受けたが、東京に行こうとは思わなかった。幼い頃から母に連れられて来てよく見知っており、何より季節感が豊かな奈良で、感性を磨こうと決めた。

 不安定なフリーの立場。カメラマンの席はわずかしかない。圧倒的にうまいと認めてもらわなければ生き残れない。生活のすべてを仕事にささげ、仕事を終えてからも、仲間と飲みに行くこともなく、ひたすらカメラを回す練習を重ねた。

 努力のかいがあって、目標にしていたテレビ番組「世界遺産」から撮影依頼が来た。東大寺の「お水取り」の特集を始め、南米など世界中を飛び回っていた。睡眠は毎日2時間。「カメラマンはスーパーマンじゃないといけない」。誰にも負けないと天狗てんぐになっていた。

       ◎

 2013年夏、仕事中にトイレで倒れた。救急車で搬送され、医師から「あと2か月」と余命宣告された。直腸に大きな腫瘍ができていた。末期がんだった。腫瘍が大きすぎ、手術はできないと告げられた。ベッドが空くのは3か月先。入院もできなかった。何もしないで死を待つのか。関西の他の病院を探したが断られ、ようやく東京の病院が引き受けてくれた。放射線治療の後に、直腸を全摘した。

 後遺症で突然トイレに行きたくなる。2年前には、肺にがんが再発した。抗がん剤治療でがんは消えたが、現在も治療は続いている。過酷なテレビの撮影現場への復帰はあきらめざるを得なかった。

       ◎

 残りの人生をどうしようか。考え抜いてたどりついたのが、原点である奈良の風景を、撮影することだった。他人が書いた台本に沿って撮影してきたが、これからは台本なしで撮ろう。

 もうテレビ局の後ろ盾はない。撮影で大切なのは人と人との縁だと感じる。奈良を撮り始めてまだ間もない頃、作品を見た春日大社の岡本彰夫権宮司(現・県立大客員教授)や花山院弘匡かさんのいんひろただ宮司から「いつでも、どこでも撮って」と言ってもらえた。

 「なぜ、そこまでしていただけるのか」。尋ねると、花山院宮司は次女(当時11歳)を、5年前にがんで亡くしたことを打ち明けた。

 「再発した場合、5年生存率は5%」と医師から告げられている。いつまで生きられるかわからない。それでも自分にはこれしかできない。命が尽きるまで、社会の一員であり続けたいと願う。

 大みそかも、除夜の鐘が聞こえる場所でカメラを回すつもりだ。

 

 <ほざん・こういち> 1963年、大阪府東大阪市生まれ。生駒市在住。県内の風景の短編動画を、この3年間で約500本撮影している。優れた文化的な収集をたたえる今年度の大和郡山市の「第7回水木十五堂賞」を受賞。授賞式と記念講演会が来年1月26日、DMG MORI やまと郡山城ホールである。入場無料、先着240人。申し込みは市のホームページで。

 

 ◇<取材後記>深い情熱に自ら省みる

 作品を見た人から「自分たちが過ごしている奈良がこんなに美しいとは思わなかった」とよく言われるそうだ。「奈良のことを一番分かっていないのは、実は奈良の人なんじゃないか」と保山さんは言う。奈良には身の回りに、繊細な季節の変化が満ちあふれているのに、そのすばらしさに気づいていない、と。

 観光パンフレットに載るような有名スポットばかりではない。ありふれた日常の風景から、美を切り取り、作品にまとめることができるのは、通算35年にも及ぶテレビカメラマンの経験が培った感性と嗅覚がなせる技なのだろう。

 余命宣告を受けてから、一つのことにこれだけ情熱を傾けることができるだろうかと、思わず考えた。(小林元)

無断転載・複製を禁じます
55665 0 人あり 2018/12/24 05:00:00 2018/12/24 05:00:00 「人との出会いの数だけ、作品がある」と語る保山さん(大和郡山市で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/01/20181223-OYTAI50003-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)