金剛山 毎日登山4000回

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

金剛山に連続4000回登頂を達成した加島さん(右)と妻よし子さん(山頂で)
金剛山に連続4000回登頂を達成した加島さん(右)と妻よし子さん(山頂で)

 ◇記録挑戦11年 加島伊佐夫さん 73

 ◇悪天候、大病乗り越え

 葛城市尺土の無職加島伊佐夫さん(73)が、県と大阪府にまたがる金剛山(1125メートル)の連続4000回を超える「登山記録」を達成した。記録に挑戦して26日でちょうど11年。台風などの悪天候や大病を患った時も1日も欠かさず、「家族や登山仲間の励ましが力になった」と話す。(福永正樹)

 「体力をつけたい」とサラリーマン時代の2002年3月、初めて金剛山に登った。午前3時過ぎに起床し、登山口まで車で行き、1時間半かけて山頂を目指す。定年後も趣味として続け、07年12月26日からは毎日登っている。

 旅行に出掛けた時も登り、11年には前立腺がんで医師から摘出を勧められたが、入院を拒んで37回の放射線治療に切り替え、記録を続けた。昨年10月、大腸のポリープを摘出した際も病院から外出許可を得て登った。

 登山者は、午前6時~午後7時、山頂の葛木神社で登山カードに押印をもらう。今月7日に連続4000回を達成し、26日で通算登山回数は4557回に上った。

 東の尾根筋に浮かぶあかね色の空、眼前の葛城山に浮かぶ天空の雲海……。早朝登山で絶景を見る度、感動で体が震えた。見ず知らずの登山者から「毎日元気をもらっています」と握手や写真撮影を求められたり、「連続4000回達成」と刺しゅうされたトレーナーを贈ってもらったりした。山頂のライブカメラ前でポーズを取り、インターネットで全国の仲間に元気な姿を伝えている。

 妻よし子さん(68)ら家族に引き留められることもあるが、加島さんは「どんな悪条件でも登り続け、気付いた時には休めなくなっていた。体力のある限り、1回でも多く登り、自分が死んだ時は登山カードを棺(ひつぎ)に入れて、思い出話に花を咲かせてほしい」と話している。

無断転載禁止
56757 0 人あり 2019/01/18 15:52:00 2019/01/18 15:52:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/01/20190118-OYTAI50001-T.jpg?type=thumbnail

おすすめ記事

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ