<4>纒向遺跡活用 歩み地道

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

土器や木製品などの出土遺物を点検する(右から)森さん、橋本さん、飯塚さん。纒向遺跡の史跡公園化を目指す(桜井市で)
土器や木製品などの出土遺物を点検する(右から)森さん、橋本さん、飯塚さん。纒向遺跡の史跡公園化を目指す(桜井市で)
考古学ファンらが集まり、纒向遺跡で行われた現地説明会(2009年11月14日)
考古学ファンらが集まり、纒向遺跡で行われた現地説明会(2009年11月14日)

 ◇邪馬台国論争

 邪馬台国は一体どこにあったのか。古代史最大の謎を巡る論争が、平成の幕開けとともに再燃した。バブル景気に沸いていた1989年(平成元年)、桜井市の纒向まきむく遺跡と佐賀県吉野ヶ里町、神埼市の吉野ヶ里遺跡で、古代史で歴史的な調査成果が報告された。

 吉野ヶ里遺跡では、弥生時代後期として国内最大規模の環濠かんごう集落跡が発見された、と佐賀県教育委員会が2月に発表した。邪馬台国時代の2~3世紀の中心的な国の一つとして、九州説が脚光を浴びた。

 一方、その4か月後、纒向遺跡では、県立橿原考古学研究所と桜井市教委が調査結果を発表。纒向石塚古墳が前方後円形をしており、卑弥呼の墓との説がある箸墓はしはか古墳の原形だったとした。3世紀後半に築造された箸墓古墳の出現を古墳時代の始まりとする定説に一石を投じ、一帯が国の中心地だった可能性が強まった。

 市教委文化財課長の橋本輝彦さん(49)は当時、大学生でアルバイトとして纒向石塚古墳の調査に参加した。「僕にとって国の中枢に迫る初めての調査で、考古学を志すきっかけになった」と振り返る。橋本さんは市教委職員に採用され、纒向遺跡の調査を担当し続ける。

 91年には、卑弥呼が魏に赤と青の織物を献上したとの魏志倭人伝の記述との関係性が指摘されるベニバナの花粉、2009年には「卑弥呼の宮殿」との説も出た大型建物跡、10年には桃の種が纒向遺跡から出土した。中国では桃は、不老長寿を願う象徴的な植物とされ、卑弥呼が人々を統治するのに用いた「鬼道」と関連付ける専門家の意見が出るなど、邪馬台国の最有力候補地となった。

 現在、市内で年に2、3件程度の発掘調査だが、バブル期は盛んに開発が行われ、「年20か所の現場を担当することもあった」という。

 吉野ヶ里遺跡は国営公園となり、約50ヘクタールに建物跡約100棟などが復元され、活用面では纒向遺跡とは大きく差が開いた。纒向でも05年から、史跡指定に向け、初期の古墳の範囲確認調査を始めた。

 史跡指定されると、現状変更には文化庁の許可が必要になる。国の補助金が受けられるため、市の用地買収にも弾みがつく。現在、箸墓古墳の周濠しゅうごうにあたる隣接地や纒向石塚古墳、ホケノ山古墳などが指定されているが、勝山古墳や矢塚古墳などさらに指定しなければならない場所もある。

 職員の業務も多岐にわたる。調査や研究だけでなく、史跡指定に向けた地元への説明のほか、全国の文化財活用事例の調査やイベント、講演会の開催が多くなり、企画や交渉の能力も求められる時代に変わりつつある。

 文化財課の森暢郎のぶろうさん(33)は国立大と大学院で考古学を専攻し、経験が生かせる職業に就こうと、11年に市教委に採用された。史跡公園化の担当を任されており、「地元に愛されてこその史跡公園。子どもたちの歓声がやまない市民の憩いの場にしたい」と期待を込める。

 課内で一番の若手職員である飯塚健太さん(29)は、「卑弥呼や邪馬台国と言えば、全国から人は集まるかもしれないが、保存をしっかりとして、意義付けが確立したものにしたい」と語る。

 文化財の保存と活用は相反する課題だ。橋本さんは熱く将来像を描く。「公園化は観光ありきではない。地元でも、ここが国の始まりの地と知らない人も多く、〈地域の宝〉と認知されてこそ、教育財産として生きる」(辰巳隆博)

 ◇<MEMO>難しい一括整備

 吉野ヶ里遺跡は工業団地誘致に伴い1986年から発掘調査が始まった。一帯は森だったため、一括して公園が整備された。

 纒向遺跡は東西2キロ、南北1.5キロに広がり、3世紀初め~4世紀前半の大規模集落遺跡。初調査の1971年以前から民家や店などがあったため、一括整備は難しく、活用が遅れる一因にもなっている。

 市教委は史跡公園化に向けて、遺跡中心部の旧纒向小跡地を拠点に、周辺の箸墓古墳やホケノ山古墳など9か所を史跡指定し、回遊ルートの設定を計画している。

無断転載・複製を禁じます
61130 0 平成なら物語 次代につなぐ 2019/01/05 05:00:00 2019/01/05 05:00:00 洗浄した土器や木製品などの出土遺物を点検する(右から)森さん、橋本さん、飯塚さん(桜井市で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/01/20190104-OYTAI50027-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

一緒に読もう新聞コンクール

新着クーポン

NEW
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
NEW
参考画像
600円300円
NEW
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス
NEW
参考画像
ご宿泊のお客様の夕食時に地酒(お銚子)またはソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ