読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

世界遺産へ 歩み着実

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

明日香村の 歴史遺産

整備が進む牽牛子塚古墳の前で、「遺跡の魅力を伝える工夫を続けたい」と語る小池課長(明日香村で)
整備が進む牽牛子塚古墳の前で、「遺跡の魅力を伝える工夫を続けたい」と語る小池課長(明日香村で)

 日本の古里と呼ばれる明日香村。その歴史的な風土を守る取り組みを続けてきた古都飛鳥保存財団(明日香村)が今年、設立50年を迎える。地域の活性化も見据え、「飛鳥・藤原」地域の世界遺産登録の動きも加速する。歴史遺産の「保存」と「活用」を巡る明日香の最前線を紹介する。

「飛鳥・藤原」20件で構成

 県や明日香村などが2024年の世界文化遺産登録を目指す「飛鳥・藤原の宮都とその関連資産群」。登録されれば、県内では4件目の世界遺産となる。

 「飛鳥・藤原」は、明日香村、橿原市、桜井市にある6世紀末から710年の平城遷都までに営まれた宮殿跡、寺院跡、古墳など20件で構成される。飛鳥時代の都が地中に良好な状態で保存されており、律令国家の誕生や東アジアとの交流を物語る貴重な地域だ。

 村などは、世界遺産登録により、歴史的な風土を次世代に保存・継承するとともに、魅力を国内外に発信し、地域ブランドを確立させる。地域活性化も期待され、村は2019年に年間80万8000人だった観光客数を10年後に100万人とし、宿泊客数は3万人増の5万人とする目標を掲げる。

 だが、構成資産のほとんどが地中に眠っているだけに、登録に向けた道のりは険しくもあった。

「登録」遅れ整備に時間

 「飛鳥・藤原」が国の世界遺産候補の「暫定リスト」に記載されたのは07年。当初、5年ほどでの登録が想定されたが、すでに14年が経過している。

 遅れの理由について、村教育委員会の小池香津江・文化財課長(51)は「登録に必要な『顕著な普遍的価値』の練り上げと、遺跡の万全な保存整備のためには、一定の時間が必要だったため」と説明する。

 その価値を証明するように、10年には、牽牛子塚けんごしづか古墳(明日香村)が村教委の調査で、飛鳥時代の天皇陵に特有の八角墳と判明し、斉明天皇の墓だと確実視されるようになった。

 牽牛子塚古墳では、17年に始まった保存整備が来年3月に完成する。田園風景の中に凝灰岩で白く輝く墳丘が目を引き、当時の大王墓(天皇陵)の姿を体感できる。墳丘の周辺に、古墳の名前の由来となったアサガオを植えることも計画する。

 大庭園跡「飛鳥京跡苑池えんち」(明日香村)でも、発掘成果を上げてきた。県は保存整備の検討も進め、南池は遺構を保護するための盛り土の上にガラス繊維強化コンクリートを使って当時の様子を再現する方針で、22年度の整備着手を見込む。

実現へ力合わせて

 こうした調査や保存整備の進展を受け、県と3市村でつくる登録推進協議会は、20年3月に推薦書の素案を文化庁に提出し、24年の世界遺産登録を目指すことを表明した。登録に向けた準備は、確実に進んでいる。

 だが、実現には行政だけではなく、幅広い支援が必要だ。

 古都飛鳥保存財団は、飛鳥ファンを「飛鳥応援大使」に認定する取り組みを08年に始め、20都道府県に約100人がいる。杉平正美・事務局長(67)は「大使が飛鳥のよさを多くの人に伝えることで、登録に向けた全国的な機運がさらに高まる」と期待する。

 昨秋、中尾山古墳(明日香村)の調査で、文武天皇の墓であることが確定的になった。コロナ禍にもかかわらず、現地見学会は大勢の古代史ファンらでにぎわった。こうした全国のファンらが登録を待ち望む。

 小池課長は「遺跡は現場で見るからこそ感動がある。現地に来た際、当時の建物を再現したVR(仮想現実)を見て楽しんでもらうなど、登録に向けて、遺跡の魅力をわかりやすく伝える工夫と努力を続けたい」と語る。(土谷武嗣)

     ◇

 ニュースのポイントを解き明かす「New門@奈良」。2月は明日香村の歴史遺産をテーマに掲載します。

無断転載・複製を禁じます
1859484 0 New門@奈良 2021/02/22 05:00:00 2021/02/22 05:00:00 2021/02/22 05:00:00 整備が進む牽牛子塚古墳を前に「遺跡の魅力を伝える工夫を続けたい」と語る小池課長(明日香村で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/02/20210222-OYTAI50004-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)