読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

日本人の粋な嗜み紹介

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

典雅な鉄砲秘伝書、金の屏風・・・

2月14日まで 大和文華館 新春彩る20点

「稲富流鉄砲伝書」(部分、大和文華館蔵)
「稲富流鉄砲伝書」(部分、大和文華館蔵)
「立花図屏風」(右隻、華道家元池坊総務所蔵)
「立花図屏風」(右隻、華道家元池坊総務所蔵)

 奈良市の大和文華館で、日本人の暮らしを彩る趣味と教養の世界を紹介する特別企画展「大人のたしなみ 立花りっか・鉄砲・古画鑑賞」が開かれている。金銀で下絵を描いた鉄砲の秘伝書や金の屏風びょうぶなど、新春にふさわしく華やかな約20点が並ぶ。

 同館所蔵の「稲富流鉄砲伝書」(桃山時代)は、約20年ぶりにまとまった形で見ることができる。徳川家康の孫で越前藩主の松平忠直が、若き日に砲術師から伝授された90紙からなる奥義の書で、鉄砲の構え、火薬の調合などを記す背景に、源氏物語を主題とする下絵が金銀で彩られている。

 泉万里学芸部長は「鉄砲が戦いに用いられていた時代に、これほど典雅な書物が作られていた。秘伝書であることから、折りたたんだ状態でほとんど開かれなかったとみられ、非常に状態が良い」と話す。

 「花を飾る」と題したコーナーでは、室町時代後半から江戸時代初期にかけて完成したいけばなの様式美を、六曲一双の屏風にずらりと描いた「立花図屏風」(華道家元池坊総務所蔵)が目をひく。「古画を味わう」のコーナーでは、徳川幕府の御用絵師を務めた狩野探幽が古画を模写した3点の「縮図」が、江戸時代の古画鑑定の様相を伝える。

 2月14日まで、月曜休館。入館料は一般630円など。問い合わせは同館(0742・45・0544)。

無断転載・複製を禁じます
1768506 0 ニュース 2021/01/14 05:00:00 2021/01/13 23:42:21 2021/01/13 23:42:21 「稲富流鉄砲伝書」(部分、大和文華館蔵) https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/01/20210113-OYTNI50031-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
お買い上げ金額から10%OFF
NEW
参考画像
1ドリンクサービス(お一人様1杯)
NEW
参考画像
1,000円以上お買上げの方に「とうきび茶」プレゼント
NEW
参考画像
「ふぞろいの牛タン・切り落とし」一品プレゼント!
NEW
参考画像
ファーストドリンク一杯無料

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)