読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

西大寺 お坊さんが解説

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

新企画 叡尊の教えや歴史など

仏法や本尊について語る工藤執事(奈良市の西大寺で)
仏法や本尊について語る工藤執事(奈良市の西大寺で)

 奈良市の真言律宗総本山西大寺が、新たな試みとして「お坊さんの案内で巡る西大寺のみ仏たち」の企画を始めた。コロナ禍にあって、せっかく足を運んでくれた参拝客により深く寺を理解してもらおうと、本山、末寺の僧侶らが交代でお勤めの手ほどきをしたり、仏法や西大寺の歴史について語ったりしている。

 昨秋から日曜などに断続的に約20回、開催してきた。約15人が参加した7日は、本堂の本尊・釈迦如来しゃかにょらい立像、文殊菩薩騎獅もんじゅぼさつきし像(いずれも重要文化財)を前に、工藤良任執事が称名念仏と真言の唱え方を指導した。

 鎌倉時代に真言律宗をひらいた中興の祖・叡尊えいそんが、煩悩のあるこの世で衆生を救った釈尊をあつく信仰したことや、貧窮孤独に苦しむ衆生を文殊菩薩の化身とみて底辺に生きる人々に尽くしたこと、叡尊の思いをくんだ弟子たちがこれらの仏像を造立したことを易しく解説した。

 工藤執事は「仏様を前に僧侶が話すという本来のかたちを復活するとともに、宗祖の精神に立ち戻りたいという願いがあった」と語る。年中行事と重なる時期を除き、今後も日曜を中心に、テーマを変えて開催していくという。

 本堂の案内は2月11、14、21、23、28日の午後2時から。諸堂拝観共通券(800円)が必要。参加特典として、通常は入れない東塔跡(奈良時代)を間近で拝観できる。問い合わせは西大寺(0742・45・4700)。

無断転載・複製を禁じます
1827062 0 ニュース 2021/02/08 05:00:00 2021/02/08 05:00:00 2021/02/08 05:00:00 仏法や本尊について語る工藤執事(奈良市で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/02/20210208-OYTNI50002-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)