読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

水路転落死 対策難航

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

昨年 自転車の5人

 県内で柵などのない用水路や川への転落死亡事故が相次いでいる。県警によると、昨年1年間で県内の交通事故による死者25人のうち、5人が自転車に乗っている際に誤って用水路などに転落して死亡した。県警や市町村などは対応を検討しているが、住民の生活の利便性や水防活動などのためには、柵を設けないほうがいい場合もあり、対策は難航している。(山口佐和子)

柵設置 水防に支障

男性が転落して死亡した現場付近(天理市で)
男性が転落して死亡した現場付近(天理市で)
自転車に乗っている買い物客に注意を呼びかける警察官(天理市で)
自転車に乗っている買い物客に注意を呼びかける警察官(天理市で)

 昨年11月21日夜、天理市小田中町で、水路沿いの道路を自転車に乗っていた50歳代の男性が、水路(珊瑚珠川、幅約2・1メートル、深さ約1・5メートル、水深約25センチ)に自転車ごと転落し、窒息死する事故が起きた。

 近くの男性(69)によると、住宅街にある狭い道で日中は車通りが多く、柵などを設けると車がすれ違えなくなったり、川の掃除をする時に不便になったりする。男性は「事故が起きないよう整備したいが、暮らしの利便性を考えると難しい」と語った。

 事故を受け、水路に面する市道を管理する天理市土木課は、道路と水路の境目を見やすくするため、道路の端に小型の道路びょうを3~4メートルおきに設置し、夜間でも見えやすくしようと街灯も新たに2か所に取り付けた。

 柵を設置すれば安全は確保できるが、支障も生じる。川を管理する県河川整備課によると、川の近くに柵があれば、大雨の際に堤に土嚢どのうを積む妨げになったり、柵が基礎ごと流されたりして水防活動に支障が出る恐れがある。県は道路管理者から要請があれば、安全のために必要最低限で例外的に設置を認めるが、積極的に柵などを設置することはしていないという。

 そのため県警では、自転車の乗り方の意識向上を呼びかけている。天理署は昨年末に市内の商業施設で啓発活動を実施。買い物客らの自転車のハンドルに、「前かごや荷台に荷物を載せすぎない」「道路と水路の境が見えにくくなる夜間の運転ではライトを点灯」などの注意事項を書いたチラシをつけるなどした。

 県警交通企画課は「通い慣れた道でも水路を甘く見ず、夜はライトをつける、しっかり前を見るなどルールを守って運転してほしい」と注意を呼びかけている。

無断転載・複製を禁じます
1840844 0 ニュース 2021/02/14 05:00:00 2021/02/14 05:00:00 2021/02/14 05:00:00 転落事故が起きた天理市の水路(天理市で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/02/20210213-OYTNI50041-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)