読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

ウズベク「王の食卓」想起・・・帝塚山大、高級食料庫跡発見

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

発掘成果から復元した王の宴会の様子=帝塚山大提供
発掘成果から復元した王の宴会の様子=帝塚山大提供
ワインやオリーブ油を入れたとみられる大型の甕などが出土した食料庫跡(2019年9月、ウズベキスタン・サマルカンドで)=帝塚山大提供
ワインやオリーブ油を入れたとみられる大型の甕などが出土した食料庫跡(2019年9月、ウズベキスタン・サマルカンドで)=帝塚山大提供

ワインの甕、蜂蜜壺、麦、アワ

 中央アジアのウズベキスタン・サマルカンドの遺跡(8世紀初め)で、ワインやオリーブ油を入れたとみられるかめや蜂蜜つぼ、麦やアワなど様々な食材を収めた食料庫跡が見つかり、帝塚山大(奈良市)が5日、発表した。シルクロード交易に活躍したソグド人の王の居室に近接しており、同大学は「王らが食べた高級食材を保管していたとみられ、王の食卓が復元できる」としている。(関口和哉)

 帝塚山大などが2019年、都市跡「カフィル・カラ城」を発掘した。金製ペンダントなどの宝飾品が出土していた王の居室の西側に、部屋(幅3・1メートル、奥行き11・2メートル、高さ2・7メートル)を発見。大型の甕(口径約60センチ、高さ約120センチ)が13個並んでいるのを確認した。炭化物の付着状態から、オリーブ油とワインを入れたとみられる。

 また、「蜂蜜壺」とみられる栓をした水差し(高さ約20センチ)も発見された。部屋の奥では、麦やアワが大量に出土し、豆やニンニク、クルミも見つかった。麦はパン、アワは具だくさんのかゆや団子にしたとみられる。

 一緒に出土した貨幣などから、部屋はソグド王タルフン(在位700~710年)の離宮の食料庫だったと判断した。離宮は710年、イスラム勢力の攻撃で焼けたとみられる。

 食料庫はエーゲ海文明のギリシャ・クレタ島のクノッソス宮殿の貯蔵庫と形状が類似しているという。宇野隆夫・帝塚山大客員教授(考古学)は「考古学的に食卓の風景まで復元できる例はほとんどない。食料庫の形状にギリシャの影響が考えられ、シルクロードを介した東西文明交流の理解に役立つ」と話している。

 オンラインの研究成果報告会が10~31日、配信される。無料。申し込みは帝塚山大(0742・48・9122)のホームページから。

無断転載・複製を禁じます
1889739 0 ニュース 2021/03/06 05:00:00 2021/03/06 05:00:00 2021/03/06 05:00:00 発掘成果から復元した王の饗宴の様子=帝塚山大提供 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/03/20210306-OYTNI50002-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)