読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

全員で挑む 選抜<上> 勝利 自分のバットで

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

智弁学園 三垣 飛馬選手 2年

バッティング練習に励む三垣選手(右)ら(五條市で)
バッティング練習に励む三垣選手(右)ら(五條市で)

 春が近づく智弁学園のグラウンドに、選手たちの元気な声が響く。その中でも、人一倍大きな声でチームをもり立てるのが一塁手の三垣飛馬ひゅうま(2年)だ。

 入学直後から長打力を買われていたが、伸び悩んだ。その傍らで、プロ注目のスラッガー前川右京や主将の山下陽輔、投手の西村王雅、小畠一心の同級生4人は、1年からどんどん活躍していく。出場できない三垣は、焦りばかりが募った。

 チャンスが巡ってきたのは、新チームで迎えた昨秋の県大会。6番などを任され、「負けられない」と力が入った。だが、バットが思うように振れず、5試合で6安打3打点に低迷した。

 チームも決勝で天理の前に力尽きた。3番・前川、4番・山下が塁に出ても後が続かない。三垣も6点を追う八回一死二、三塁の好機を内野フライで凡退。チーム全体で9安打を放ったが、ちぐはぐな攻撃で2得点どまり。頼みのエース西村も崩れ、8失点を喫した。

 三垣は痛感した。「4人に頼ってばかりいては勝てない」。5番を打つ垪和はが拓海(2年)も「自分たちが打てば投手を楽にしてやれた」と悔やんだ。

 小坂将商まさあき監督(43)は、選手を集めて語気を強めた。「自分がやってやろうという気持ちを持て」。以前から言われてきた言葉だったが、大敗した選手たちの胸にストンと落ちた。チームの意識が変わった。

 わずか2週間後に始まった近畿大会は、選手たちの姿が見違えていた。

 「どんな不細工なあたりでもヒットはヒット。どんな形でもいい。チームのために」。そんな思いで臨んだ三垣は、強豪相手に4試合で7安打8打点と大躍進。市和歌山戦、大阪桐蔭戦では先制の長打を放ち、チームを勢いづけた。

 打線もつながった。6~9番の下位打線が放った1試合あたりの安打数は、県大会は3・4だったが、近畿大会では4・8にまで伸びた。試合ごとにヒーローが生まれ、4試合で計49安打28点を挙げ、投手の力投を支えた。

 県大会の敗戦は、誰もが活躍できるチームに成長させた。三垣は「グラウンドの9人、ベンチの18人、部員全員で戦って勝ちたい」と意気込む。どの選手も「チームのために」と口をそろえる智弁学園。チーム全員での日本一を目指す。(敬称略)

     ◇

 19日に開幕する第93回選抜高校野球大会に県内から智弁学園と天理の2校が出場する。両校とも1年から試合に出場している選手たちがチームを引っ張る一方で、負けじと奮起した選手たちがいる。挫折を乗り越え、成長した選手を通してチームの強さを紹介する。

智弁学園の横顔 智弁学園は1965年に創立され、野球部も同年に設立。選抜大会は2年連続14度目の出場で、2016年に優勝した。昨秋の近畿大会は、決勝で大阪桐蔭を破り、9年ぶりに優勝した。

 攻撃は中軸の前川、山下が、昨秋の県大会と近畿大会で計27安打、4本塁打を放ち、力強い。投手陣も変化球が持ち味のエース西村とストレートに力がある小畠を中心に層が厚い。

無断転載・複製を禁じます
1893996 0 ニュース 2021/03/08 05:00:00 2021/03/08 11:03:47 2021/03/08 11:03:47 バッティング練習に励む三垣選手(五條市で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/03/20210308-OYTNI50006-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)