読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

ならまちに複合商業施設

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

中川政七が奈良本店

4月14日 共有オフィスなど

鹿猿狐ビルヂングのイメージ図=中川政七商店提供
鹿猿狐ビルヂングのイメージ図=中川政七商店提供

 奈良市の奈良ざらしの老舗「中川政七商店」は、旧市街「ならまち」に3階建て複合商業施設「鹿猿狐しかさるきつねビルヂング」(奈良市元林院町)を4月14日に開店する。県内初の旗艦店となる奈良本店を設け、飲食店やコワーキングスペース(共有オフィス)などもあり、地域活性化も期待される。

 中川政七商店は1716年創業で、近年は奈良の伝統工芸に基づいた生活雑貨を全国展開し、注目されている。複合商業施設の開業は、低迷する工芸の復活を目指し、ものづくりの産地へ人を呼び込んで活性化を促す「産業観光」のモデルケースとするのが目的。

 鉄骨3階建てを新築し、開放的な前面のガラス窓と、周囲の町並みに合わせた瓦屋根が特徴。1、2階には奈良本店が入り、生活雑貨や伝統の一刀彫、奈良筆など約3000点の商品を手に取ることができる。奈良観光の記念になるような限定品も予定。麻の絵はがきを作るイベントなども企画するという。

 3階には、中川政七商店初となるコワーキングスペースを開く。リモートワークに対応するほか、同店が企画する経営講座やトークイベントなども予定している。

 1階部分には、関西初出店となる「猿田彦珈琲コーヒー」と、ミシュラン一つ星掲載店「sio」によるすき焼きなどを提供するレストラン「()つね」が入り、飲食も楽しめる。

 服や小物などを販売する近くの「遊 中川 本店」も改装。貯蔵庫を改装した施設では、創業以来の歴史を振り返る商品などを展示し、麻を織る道具に触れられるスペースも設ける。

 千石あや社長は「工芸が復活するためには産地が活性化しないといけない。奈良の事例が全国に応用されて、工芸が百年先も残るようにしたい」と話す。

「●は七を二つ並べてその上に七を一つ乗せる」

無断転載・複製を禁じます
1893999 0 ニュース 2021/03/08 05:00:00 2021/03/08 11:03:58 2021/03/08 11:03:58 4月にオープン予定の鹿猿狐ビルヂングのイメージ図(中川政七商店提供) https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/03/20210308-OYTNI50007-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)