読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

<東日本大震災10年>発掘文化財 「復興の力に」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

橿考研・主任研究員 東影さん

被災地での発掘調査について振り返る東影さん(橿原市の県立橿原考古学研究所で)
被災地での発掘調査について振り返る東影さん(橿原市の県立橿原考古学研究所で)
合戦原遺跡の現地説明会で解説する東影さん(手前)。住民ら約230人が詰めかけ、熱心に説明に聞き入っていたという(2015年3月、宮城県山元町で)=東影さん提供
合戦原遺跡の現地説明会で解説する東影さん(手前)。住民ら約230人が詰めかけ、熱心に説明に聞き入っていたという(2015年3月、宮城県山元町で)=東影さん提供

 東日本大震災後、多くの人たちが被災地の復興に携わった。県立橿原考古学研究所(橿考研)の主任研究員、東影悠ひがしかげゆうさん(40)もその一人。学生時代を過ごした宮城県で、住宅の高台移転に伴う遺跡の発掘調査を担当した。震災から11日で10年を迎え、「見つかった文化財が地域の活力や誇りになり、復興を後押しできれば」と期待する。(関口和哉)

支援事業で成果 宮城で横穴墓50基

 「地震の恐ろしさは身にしみていた」。1995年1月の阪神大震災で、中学2年だった東影さんは神戸市灘区の自宅マンションで被災した。がれきと化した街並み、燃え広がる火事が記憶にしみついている。

 99年、東北大(仙台市)に進学した。「地震が少ないのではないか」という思い違いもあったが、在学中は考古学を学び、宮城県内各地の遺跡を見たり、発掘を補助したりして、考古学の面白さを教えてもらったかけがえのない場所になった。

 2007年に橿考研に入り、奈良県内の発掘調査を担当。11年3月、震災が起き、「よく知る街が津波にのまれた。阪神大震災のとき以上に大きなショックを受けた」と振り返る。

 1年後、仙台市や宮城県石巻市などを回った。沿岸部では、道路に船が乗り上げたままで、津波の爪痕が生々しい。「復興はこれから。自分も何か役に立ちたい」との思いを強くした。

 文化庁の支援事業で橿考研から3人が宮城県教育委員会に派遣されることになり、東北に縁があったことから、その1人に選ばれた。14年10月、宮城県南部にある山元町に向かった。

 現地では、津波に備えた住宅の高台移転に伴い、合戦原遺跡を調査。半年にわたり、岐阜県や福井県などの職員も含めた7人で約6350平方メートルを発掘した。

 一緒に調査した地元の作業員らには、家をなくしたり、身内を亡くしたりした人もいた。「心身の負担は重いはずだが、『来てくれてありがとう』と感謝してくれた。大学時代の恩返しのつもりだったのに、逆に元気をもらった」

 調査の結果、古墳時代終末期から奈良時代にかけての横穴墓約50基などを見つける成果を上げた。帰任後、別の横穴墓から鳥や人を描いた線刻画が見つかり、大きなニュースにもなった。「発掘が復興を遅らせるという声も聞いたが、貴重な文化財が発見され、少しは役に立てた」と安心する。

 東影さんは、震災から10年を迎え、思いを新たにしている。「二つの震災を通して知ったのが、つらさや悲しみを乗り越え、前向きに生きていくことの大切さ。これからも生かしていくことは多い」

無断転載・複製を禁じます
1901741 0 ニュース 2021/03/11 05:00:00 2021/03/11 05:00:00 2021/03/11 05:00:00 「現地ではこちらが元気をもらった」と語る東影さん(橿原市の県立橿原考古学研究所で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/03/20210310-OYTNI50067-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)