読売新聞オンライン

メニュー

太陽向け 大輪輝く <下市>

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

道沿いに大輪を咲かせるヒマワリ(下市町で)
道沿いに大輪を咲かせるヒマワリ(下市町で)

 下市町の道路沿いに住民が植えた約200本のヒマワリが見頃となった。県内は20日、奈良市や五條市で最高気温が35度を上回る猛暑日となり、強い日差しを照り返すように大輪を輝かせている。

 下市町下市と新住にまたがる都町地区の農道で、十津川村などへ向かう幹線道沿いの耕作放棄地が、草だらけになっていたため、地元の老人会「都町福寿会」が2019年から畑として手入れしてきた。

 「彩りよくしよう」と、役員の更谷定彦さん(67)が呼びかけて今年から本格的にヒマワリを栽培。高さ2メートル前後に育つ大型の品種を植えており、立ち寄っては見上げる住民や通行人も多い。

 25日正午から、そばの空き地で「ひまわり祭り」を開き、野菜の天ぷらやアユの塩焼きなどを振る舞う。会長の吉本 おさむ さん(76)は「高齢者が多い地区を元気にしたい」と意気込む。

無断転載・複製を禁じます
2223367 0 ニュース 2021/07/21 05:00:00 2021/07/21 05:00:00 2021/07/21 05:00:00 道沿いに大輪を咲かせるヒマワリ(下市町で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/07/20210721-OYTNI50006-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)