鬼との駆け引き 白熱

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

王寺 だるまさんがころんだ大会

「だるまさんがころんだ」に熱中する参加者(王寺町で)
「だるまさんがころんだ」に熱中する参加者(王寺町で)

 聖徳太子や達磨大師とゆかりがある達磨寺(王寺町)で20日、「第1回全国だるまさんがころんだ選手権大会」が開催された。新型コロナウイルスの影響で参加は県内在住者に限られたが、5人1組の計21チームが出場。初代王者を目指し、白熱の勝負を繰り広げた。

 太子1400年遠忌を記念し、「王寺町の文化財を生かした観光拠点づくり協議会」が主催。太子の「和の精神」と、達磨大師を模しただるまの「七転八起」から、コロナ禍の人々が助け合い、再び立ち上がれるようにとの願いを込めた。

 2チームが対戦し、2分の制限時間内に、15メートル先のゴールに入った人数を競う方式。主催者側が「鬼」を務め、「だるまさんがころんだ」と唱えている間に、参加者は忍び寄るようにゴールへ。鬼に動いているのを見つかり、思わず天を仰ぐ姿も見られた。

 来年以降は全国から参加者を募る予定。優勝したチーム「PANDA」の植田明宏さん(38)は「楽しかった。コロナで大変だが、前を向いていきたい。王寺町の町おこしにもなるのでは」と笑顔だった。

スクラップは会員限定です

使い方
「地域」の最新記事一覧
2536588 0 ニュース 2021/11/21 05:00:00 2021/11/21 05:00:00 2021/11/21 05:00:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/11/20211120-OYTNI50051-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)