西大寺CF 目標超え

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

掛け軸修復費500万円

 奈良市の西大寺が、長年保管していた仏画の巨大掛け軸2幅(いずれも約7メートル四方)の調査や修復の費用を集めるために、15日から始めたクラウドファンディング(CF)が、27日夜に目標の500万円を超えた。28日午後3時時点で約300人から寄付が集まっている。

次は展示設備募集継続

 仏画は2幅とも江戸時代の作と推定され、今後2年かけて、「なら歴史芸術文化村」(天理市)で調査・修復される。未指定の文化財で公的な補助金が出ないため、CFを始めた。展示のための設備費用などをさらに集めるため、1000万円を次の目標額と設定し、7月31日まで続ける。

 石川重元・企画広報室長は「多くの方に関心を寄せてもらい、大変ありがたい。修復後にはたくさんの人に見てもらいたい」と話した。

スクラップは会員限定です

使い方
「地域」の最新記事一覧
3122405 0 ニュース 2022/06/29 05:00:00 2022/06/29 05:00:00 2022/06/29 05:00:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)