読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

大雪 混乱続く

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

雪に埋まった営業車を掘り出す銀行職員(12日、上越市中央で)
雪に埋まった営業車を掘り出す銀行職員(12日、上越市中央で)

 県内では12日、大雪のピークは過ぎたが、積雪が多い上越市などでは除雪が追いつかず、臨時休業とする会社や店が目立った。県内全域で公共交通機関の乱れも続き、学校の休校も相次いだ。

 上越市(高田)では同日午後1時現在の積雪は平年の5倍近くの212センチを記録。市は「除排雪に相当な日数がかかる」として、市民に不要不急の外出自粛を呼びかけている。

 肩付近の高さまで積もった雪を除雪していた同市中央の洋服店経営の男性(74)は9日から大雪で店を閉めたが、12日も従業員が出勤できず、臨時休業とした。男性は「今週は営業を再開できないかもしれない」と肩を落とした。

 第四北越銀行直江津中央支店は同日午前9時から通常通り業務を開始した。職員19人のうち約10人が家から車を出せずに徒歩で1時間ほどかけて出勤。営業車5台が雪に埋まったため、職員がスコップなどで車を掘り出していた。

 同市名立区では積雪で道路が埋まり、3集落約30世帯が孤立していたが、同日午後に解消した。

 JR東日本新潟支社によると、同日には弥彦線の全線と信越線や羽越線などの一部区間が運休。13日も弥彦線全線と8路線の一部区間で始発から運転を見合わせるという。高速道路でも北陸道や上信越道の一部区間で通行止めが続いた。東日本高速道路新潟支社は13日夜までの通行止め解除を目指している。

 県教育委員会などによると、12日は12市町村の小中高校など計237校が休校となった。始業時間を遅らせたり、生徒らを早退させたりした学校もあった。13日も、上越市や糸魚川市、柏崎市などの少なくとも152校が休校するという。

無断転載・複製を禁じます
1765106 0 ニュース 2021/01/13 05:00:00 2021/01/13 05:07:15 2021/01/13 05:07:15 雪に埋まった営業車を掘り出す第四北越銀行の職員(1月12日午後3時3分、上越市中央で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/01/20210112-OYTNI50009-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
お買い上げ金額から10%OFF
NEW
参考画像
1ドリンクサービス(お一人様1杯)
NEW
参考画像
1,000円以上お買上げの方に「とうきび茶」プレゼント
NEW
参考画像
「ふぞろいの牛タン・切り落とし」一品プレゼント!
NEW
参考画像
ファーストドリンク一杯無料

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)