読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

熟成へ雪赤く

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

雪面を濃赤色に染めた雪さらし作業(20日、妙高市で)
雪面を濃赤色に染めた雪さらし作業(20日、妙高市で)

 妙高市で地元特産の発酵調味料「かんずり」の原材料となるトウガラシの「雪さらし」作業が始まった=写真=。

 かんずりは、鍋物や焼き鳥などに使われる薬味として人気がある。塩漬けしたトウガラシを数日間、雪にさらしてあくを抜き、こうじやユズ、塩を加えて3年以上熟成させ、まろやかな辛さに仕上げる。

 雪さらしは大寒の20日に始まった。昨年は雪不足のため、標高約950メートルのスキー場の一角を借りての作業だったが、今年は例年通り、平野部にある同市西条の製造会社「かんずり」の敷地で行った。敷地の雪を平らにならし、マスク姿の女性従業員4人が放り投げるように約600キロのトウガラシをまくと、雪面が濃赤色に染まった。

 例年なら体験ツアーを実施しながら2月末まで断続的に行われるが、同社の東條昭人社長は「新型コロナウイルス感染防止のため体験ツアーは軒並み中止。約3トンのトウガラシを2月末を待たずにまき終わりそう」と話していた。

無断転載・複製を禁じます
1790057 0 ニュース 2021/01/23 05:00:00 2021/01/22 21:35:02 2021/01/22 21:35:02 雪面を濃赤色に染めた雪さらし作業(妙高市で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/01/20210122-OYTNI50012-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)