読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

江戸から現代優雅に

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

ひな人形に見入る来場者(2日、新潟市中央区西大畑町の旧斎藤家別邸で)
ひな人形に見入る来場者(2日、新潟市中央区西大畑町の旧斎藤家別邸で)

 桃の節句(3日)に合わせ、新潟市中央区西大畑町の国名勝「旧斎藤家別邸」で、江戸時代から現代までに制作されたひなかざり約10点が展示され、訪れた人の目を楽しませている。

 ひときわ目を引くのは、明治時代に新潟で一、二を争うほど人気だったという古町芸妓げいぎの佐藤しんが所有していた七段飾り。美しいしんの肖像画とともに飾られ、新潟市中央区の主婦(55)は「こんな立派なおひな様はなかなか見られない。きれいな顔をしている」と話していた。

 21日まで。観覧料300円。月曜休館。問い合わせは、旧斎藤家別邸(025・210・8350)へ。

無断転載・複製を禁じます
1881225 0 ニュース 2021/03/03 05:00:00 2021/03/03 05:00:00 2021/03/03 05:00:00 ひな人形に見入る来場者(3月2日午後1時54分、新潟市中央区西大畑町の旧斎藤家別邸で)=岩瀬詩由撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/03/20210302-OYTNI50007-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)