読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

新ブレンド日本酒登場

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

4日から販売する「ニホンノ、オサケ 千代鮎」。ラベルは、ブレンドに使用した酒蔵のみ色つきで紹介している
4日から販売する「ニホンノ、オサケ 千代鮎」。ラベルは、ブレンドに使用した酒蔵のみ色つきで紹介している

 県酒造組合高田支部(上越市)が新たなブレンド日本酒「ニホンノ、オサケ 千代あゆ」を完成させた。4日から上越市と妙高市の酒販店で販売する。

 新型コロナウイルス感染拡大による宴会の自粛や、大雪の影響で売り上げが落ち込む酒造業界を盛り上げようと、「千代の光酒造」(妙高市)の池田剣一郎常務(37)が、支部でブレンド酒を作ることを発案。「ニホンノ、オサケプロジェクト」として、同支部所属の15蔵が参加することになった。

 第1弾の千代鮎は、千代の光酒造と「鮎正宗酒造」(同)の純米吟醸酒を同量ブレンド。米の甘みと果物のような香りが特徴で、冷やすか常温で飲むのがおすすめという。

 2月25日には、朝から千代の光酒造の従業員5人が、販売予定の千代鮎約2000本を瓶詰めした。15蔵の名前がシルエットで描かれたラベルもお披露目され、千代鮎には、千代の光酒造と鮎正宗酒造の名前だけがカラーで印刷された。

 千代鮎は720ミリ・リットル入りで税込み2000円。池田さんは「感染防止をしつつ、楽しく飲んでほしい」と話していた。

無断転載・複製を禁じます
1884504 0 ニュース 2021/03/04 05:00:00 2021/03/04 05:00:00 2021/03/04 05:00:00 4日から販売する「ニホンノ、オサケ 千代鮎」(2月25日午前8時52分、妙高市の千代の光酒造で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/03/20210303-OYTNI50012-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)