読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

糸魚川地滑り 東側12世帯避難解除 西側9世帯はメド立たず

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

避難解除後さっそく行われた避難訓練は、足の悪い高齢者を他の住民が支えながら行われた(3日午後、糸魚川市来海沢で)
避難解除後さっそく行われた避難訓練は、足の悪い高齢者を他の住民が支えながら行われた(3日午後、糸魚川市来海沢で)

 先月4日に地滑りが発生した糸魚川市来海沢くるみざわで3日、土砂の直撃を免れた集落東側への避難勧告が解除され、対象の12世帯14人が約1か月ぶりに帰宅した。

 避難勧告は同日午前8時に解除された。2時間程度の一時帰宅はあったが、我が家へ戻るのは久しぶりで、住民たちは一安心した様子で家路についた

 県や市は勧告解除に先立ち、一帯にセンサー、サイレンなど万一の際の避難連絡態勢を整備した。同日午後には避難訓練も行われ、住民や田畑を持つ集落出身者ら計21人が参加。足腰の悪い高齢者を支えながら、高台にある避難所へ向かった。

 一方、集落西側の9世帯19人に、帰宅のメドは依然立っていない。市内の一時避難施設では、この日の朝、避難が続く住民と帰宅者との間で「寂しくなるね」「先に戻って準備しておくよ。頑張れ」といった会話が交わされた。来海沢区長の男性(70)は「まだ帰れない仲間を思えば、帰宅を手放しでは喜べない」と複雑な心境を語った。

無断転載・複製を禁じます
1959147 0 ニュース 2021/04/04 05:00:00 2021/04/04 05:00:00 2021/04/04 05:00:00 避難解除後さっそく行われた避難訓練は、足の悪い高齢者を他の住民が支えながら行われた(3日午後、糸魚川市来海沢で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/04/20210403-OYTNI50007-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)