読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

飛んで潜れる自慢の羽 マリンピア、ウミガラス展示

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

愛らしい姿のウミガラス(20日、新潟市中央区西船見町の「マリンピア日本海」で)
愛らしい姿のウミガラス(20日、新潟市中央区西船見町の「マリンピア日本海」で)

 国内で絶滅が危ぶまれている海鳥「ウミガラス」が、新潟市中央区西船見町の市水族館「マリンピア日本海」で展示され、愛らしい姿が人気を集めている。

 ペンギンに似ているが、ウミスズメの仲間で飛ぶことができる。同館によると、泳ぎも得意で水深100メートルまで潜ることが可能。生息地は太平洋北部や北極海などで、世界では約1800万羽が生息しているが、国内では北海道の天売島でしか繁殖が確認されていない。

 国内の水族館での展示は3館目で、葛西臨海水族園(東京都江戸川区)から雄3羽と雌2羽が搬入された。

 上越市頸城区の女児(4)は「かわいかった。泳いでるのが速かった」と笑顔だった。

無断転載・複製を禁じます
2018781 0 ニュース 2021/04/29 05:00:00 2021/04/29 05:00:00 2021/04/29 05:00:00 愛らしい姿を来場者に披露したウミガラス(4月20日午後2時7分、新潟市中央区西船見町の市水族館「マリンピア日本海」で)=岩瀬詩由撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/04/20210428-OYTNI50021-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)