読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

水球代表「元気与えたい」 ブルボン4選手会見 津崎コーチも審判選出

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

記者会見に臨んだ(左から)棚村、稲場、志水の3選手と津崎コーチ、小出選手(11日、柏崎市日石町で)
記者会見に臨んだ(左から)棚村、稲場、志水の3選手と津崎コーチ、小出選手(11日、柏崎市日石町で)

 水球の東京五輪代表に選出されたブルボンウォーターポロクラブ柏崎(ブルボンKZ、柏崎市)の男女4選手らが11日、市内で記者会見し、ベテランとして男子代表を引っ張る志水祐介選手(32)は「集大成の大会で自分の100%を出し切り、皆さんに元気を与えるプレーがしたい」と力強く語った。

 代表には志水選手のほか、男子の棚村克行選手(31)、稲場悠介選手(21)、女子の小出未来みく選手(29)が内定した。

 志水選手と同じく、2大会連続出場となるゴールキーパー棚村選手は「前回は出場自体が目標だったが、今回はメダル獲得を目指す」と語る。初出場のエース稲場選手は「世界一の選手を目指すうえで、五輪は大きな分岐点。結果を残し、世界中に自分の名前を知らしめたい」と意気込んだ。

 五輪初出場で、攻撃の要を務める小出選手は「海外選手に体格では劣るが、スピードという強みを生かし、勝利に貢献したい」と語った。ブルボンKZからは、津崎明日美コーチ(32)も大会審判員に選ばれた。

 男女代表選手は今後、ヨーロッパで行われる国際大会などに参加し、調整を重ねる。志水選手は「ベテランとしてチーム全体の状況を把握し、選手のサポートもしたい」と力を込めた。

無断転載・複製を禁じます
2118304 0 ニュース 2021/06/12 05:00:00 2021/06/12 05:00:00 2021/06/12 05:00:00 会見に臨んだ(左から)棚村、稲場、志水の3選手と津崎審判員、小出選手(6月11日午前10時50分、柏崎市日石町で)=沼田良宗撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/06/20210611-OYTNI50018-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)