読売新聞オンライン

メニュー

飲食店の感染対策認証 45項目 県公表、ステッカー交付

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 県は、新型コロナウイルス感染防止対策を徹底している飲食店を認証する「にいがた安心なお店応援プロジェクト」の申請を受け付けている。認証された飲食店にはステッカーを交付するとともに、県ホームページ(HP)で店名の公表を始めた。7月末まで申請を受け付ける。

 同プロジェクトは、手指消毒や飲食時以外のマスク着用の客への周知、客席の間隔を最低1メートル確保して真正面での着座はできるだけ避けることなど、感染防止策計45項目を満たした飲食店を県の委託業者が現地確認をして認証するもの。21日現在、270件の申請があるという。

 県は、項目を満たすために必要な設備や道具などの経費について、1店舗あたり上限50万円(補助率4分の3)まで補助する。

 認証後も感染対策を徹底してもらうため、セルフチェック表に記入して店内での掲示を求める。

 県HPの申請フォームに入力するか、HPの申請書に必要事項を記入し、メールやファクス、郵送で送付する。問い合わせは、にいがた安心なお店応援プロジェクト事務局(025・240・5330)へ。

無断転載・複製を禁じます
2150603 0 ニュース 2021/06/24 05:00:00 2021/06/24 05:00:00 2021/06/24 05:00:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)