読売新聞オンライン

メニュー

小型機空港着陸後パンク

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 18日午前11時25分頃、新潟空港(新潟市東区松浜町)で、着陸後に滑走路を走行していた小型機の車輪がパンクし、滑走路脇の緑地で停止した。小型機に乗っていた3人にけがはなかった。

 国土交通省新潟空港事務所によると、小型機は個人所有のもの。同省は事故につながりかねない「重大インシデント」に認定し、運輸安全委員会は、調査官を現地に派遣することを決めた。

 この影響で滑走路は約6時間40分閉鎖され、新潟空港を発着する定期便18便が欠航。1便が出発遅れ、1便が目的地変更となる影響が出た。

無断転載・複製を禁じます
2216618 0 ニュース 2021/07/19 05:00:00 2021/07/19 05:00:00 2021/07/19 05:00:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)