読売新聞オンライン

メニュー

新津工3連続サヨナラ

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

7回無失点と好投した北越・山倉(20日、新発田市の五十公野公園野球場で)
7回無失点と好投した北越・山倉(20日、新発田市の五十公野公園野球場で)

 第103回全国高校野球選手権大会県大会は20日、ハードオフ・エコスタジアム新潟(新潟市中央区)など4球場で4回戦8試合が行われ、新津工が3試合連続のサヨナラ勝ちを収めた。北越、日本文理は終盤までもつれた試合を制し、春の県大会を制した新潟産大付や関根学園、新潟明訓などのシード勢が順当に8強入りした。22日は同スタジアムで準々決勝のうち2試合が行われる。

無断転載・複製を禁じます
2222768 0 ニュース 2021/07/21 05:00:00 2021/07/21 05:00:00 2021/07/21 05:00:00 7回を5安打無失点と好投した北越・山倉(20日午前9時28分、新発田市の五十公野公園野球場で)=梅林澄人撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/07/20210720-OYTNI50037-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)