読売新聞オンライン

メニュー

新型コロナ36人感染 5月以来30人超

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 県と新潟市は20日、新たに36人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。県内の感染確認者は計3621人となった。県内で1日あたりの新規感染者数が30人を超えるのは5月23日以来。

 内訳は新潟市16人(中央区7人、秋葉区3人、東と北区各2人、江南と西区各1人)、南魚沼市14人、佐渡市2人、魚沼と新発田市各1人。さらに長岡市滞在中と居住地非公表の各1人。

 南魚沼市の14人は市内の屋内施設の利用者や家族で、関連の感染者は計15人となった。換気が不十分な施設内でマスクを着用せず、感染が広がったとみられる。

 佐渡市の2人は同市八幡の飲食店「カフェトレイン」の経営者と従業員。県は7~18日に同店を利用した人は、佐渡保健所(0259・74・3403)に相談するよう呼びかけている。

 新潟市の7人は感染が相次いでいる障害者福祉施設関連の感染者で、累計28人となった。同市はクラスター(感染集団)が発生したとみている。

無断転載・複製を禁じます
2222769 0 ニュース 2021/07/21 05:00:00 2021/07/21 05:00:00 2021/07/21 05:00:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)