読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

小出最多2得点 水球女子

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

小出未来選手
小出未来選手

 女子水球代表の小出未来選手(29)(柏崎市・ブルボンKZ)は、24日に東京辰巳国際水泳場(東京都)で行われた1次リーグ初戦の米国戦に出場し、チーム初得点を含む最多の2得点をマークした。日本は強豪相手に立ち上がり健闘していたが、第1ピリオド中盤から圧倒され、4―25で敗れた。次戦は28日、同水泳場で中国と対戦する。

隙見逃さず 初めての五輪の緊張感も、小出未来選手にとっては無縁だった。前回のリオデジャネイロ五輪王者を自国に迎えた一戦で、強敵相手にもひるまず、立ち向かった。

 小出選手は先発を外れたが、チームは試合開始直後に失点。その後すぐに、出番が回ってきた。2点を追う展開で、相手が反則を犯した直後の隙を逃さなかった。素早いリスタートから中央でボールを受け、振り向きざまにシュートを放ち、ゴール左隅に豪快に決めた。右腕を突き上げた後、思わず笑みがこぼれた。

 身長1メートル72は、体格面では海外勢に及ばない。「体の大きさだけで勝負するのでなく、よりスムーズな形でオフェンス(攻撃)していけるようにするのが仕事」と小出選手。流れるようなゴールは日本を勢いづけ、チームは一時、追いつく粘りを見せた。

 その後、一気に14連続失点と地力の差を見せつけられたが、小出選手は再び意地を見せた。第3ピリオド、相手GKの動きを読んでフワリと浮かせたシュートで再びゴールを決めた。

 「取り組んできたことは出せた」としながらも、「点差をつめて日本の皆さんに元気を届けたかった」と悔しさをのぞかせた小出選手。日本が目標に掲げる「1勝」に向け、今後も攻撃のキーマンとなりそうだ。(松田京丈)

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2231845 0 ニュース 2021/07/25 05:00:00 2021/07/25 05:00:00 2021/07/25 05:00:00 小出未来(こいでみく)。水球 女子。第32回オリンピック夏季競技大会代表候補。外部著作権(2020年3月撮影、OP写真通信社提供写真)。※紙面・オンラインに限り再利用可能(クレジット不要) https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/07/20210724-OYTNI50015-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)